『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
20070531204338.jpg
Copyright (C) TINYTANK2007-2014 All Rights Reserved(全ての画像、記事に対して無断転載・引用等はお断りします)

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の王子くんの血統書がイギリスから送られてきました。

ただ今1歳2か月になりました。
これから、まだまだ成長過程な王子くん。
コールネームの通り貴公子目指して頑張ろうね!!

IMG_0508.jpg

IMG_0519 (640x480)

IMG_0521 (640x480)


王子くんは昨年秋に三重のハルさんからお話を頂き、間違いない血統の子だから
との事で素晴らしいお話を頂きハルさんの今までのフレンチブルドッグでの
実績を信じ私の好きなケネルのイギリスのKINGFRIEND犬舎の
FRIEND DE LA PARURE KINGFRIENDの血も入っている子と
言うことで迎え入れてました。
ハルさんは1989年よりフレンチブルドッグのブリーディングをされており
素晴らしいフレンチブルドッグを作出するために
数々の名犬を海外から導入している方で中でも
デラパルーラ犬舎から導入したJOOP de la parure、
(LUX.HOL.ITA.BELLEZZA.CH.) MOMO VON KURZSCHWERZA
、YOUP de la parureによる計画的ブリーディングにより、
JKC本部展アジアインターナショナルドッグショーに
おいて数々の賞暦を残しているフレンチブルドッグのブリーディングセンスに
於いて私が尊敬している諸先輩のブリーダーさんの一人でもあり、
その方からのお勧めなら間違いないと信じて我が家に迎え入れました。

来た時はまだ3か月で日本語が判らないみたいで困りましたが
今はすっかり慣れていますが「おいで」と言うより「カモ~ン」とか
come hereとかcomingとgood boy!と言った方が反応が良く、
その時だけ外人になって、かっちょこいい気分のtankなのでした。

王子の祖父のFRIEND DE LAPARURE KINGFRIENDも
素晴らしいフレンチブルドッグですが王子の父も
素晴らしい子なんです。
    王子の父↓↓
王子の父の血統

med_4c51effa86af3_20120907131728.jpg


王子くんから顔のいいフォーン作りができたらいいなあと
思います。

王子は性格がものすごくいいんです。
育ちがいいんだなぁとわかるような子です。

ハルさん今までご足労をおかけしました。

王子は毎日、散歩に行って大切に大切に育てています。
これからも今まで通り大切に育てて貴公子に育てたいと
思います。

本当にありがとうございました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。