『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
4月も半ば、庭の雪も融けてなくなったので
今日は天気もいいので犬達の遊び場の人工芝の
張替えを終えました。

毎年、交換です。
DSC_0041.jpg

桜の木の向こう側は畑でしたか犬用に昨年少し広げ、
そこにも人工芝を敷き詰めました。
DSC_0044.jpg

毎年、この交換は私がしていたことなのでパパさんが居なくても
何とか一人でやれちゃいました。
新しい内は気持ちいいですが1シーズンも敷いていると
ボロボロになるので毎年、交換です。

そろそろ春かな?と思うような今日のお天気です。
北海道はGW頃が花見のシーズン。
今年は我が家の犬たちの遊び場で梅の花と吉野桜に八重桜が
見れそうです
それが終わったらバラ達が咲き始めます
私の好きな花が咲くシーズンが始まりますね

さて12月9日生まれの乙女の子のオーナー様
募集中です!!

blogも怠りがちでオーナー様募集の声かけもせずに
早く2匹の可愛い子達のオーナー様も決めてあげなくては
いけません。

男の子2頭のオーナー様募集です。

男の子①ちゃんオーナー様決まりました。
全身真っ黒のツヤピカブラックブリンドルの男の子です。
性格は陽気で人懐っこい男の子です。

①くん2

胸周り足も太いしおケツもおっきいよー。
①

将来は立派な体格になる子だと思います。
食欲旺盛!いつも、おかわり!をしています(笑)
①くん3

男の子②ちゃん
オーナー様決まりました!!
とにかく人懐っこい男の子です、オイデーと言うと①ちゃんか②ちゃんか?と
言うほどまっしぐらに駆けて来る子です。
お顔も可愛いスタイルもいい男の子です。
②くん3

高さのあるローチの綺麗な男の子です。
バットイヤーの、お耳も大きいよー
②くん2

人が近づくと、こうして耳を倒して喜びーで
ペロペロしてくれる可愛い子です
②

この可愛い2匹のオーナー様を募集しています。
大切に家族として迎えてもらいたいと願います。

母は我が家のJKC.CHの乙女ちゃん
otomefreestay_20120414162040.jpg

乙女の血統クリックすると拡大されます。
          
img028.jpg



父はPlatinum Kiss犬舎様ご所有犬のJKC.CHのリシャールくん。
画像をクリックすると拡大します

richart_20120414161805.jpg

乙女の子には今ショーでチャレンジ中のカムイや
インターチャンピオン完成になった、ねねがいます。

@カムイくん@
img036_20120414162847.jpg

20111016225303410_20120414164810.jpg

img036_01_20120414164915.jpg


@ねねちゃん@

img008_20120414164043.jpg

img014_20120414164203.jpg

20111016225934dfe_20120414164734.jpg

フレンチブルドッグらしさを失わないフレンチブルドッグを
ブリーディングし基本は我が家に残す為の繁殖をしています。
生まれる子は1頭しか生まれるわけデでもなく生まれた子達は
全て残せる事は出来ません、
質の高い子をペットショップでは買えないような子を
大切に家族の一員として迎えて下さる方にお譲り
出来たらいいと願い育てております。
我が家生まれの子達は家の中で親といつも一緒に
家の中で過ごしています。

子犬は親と一緒に過ごせば過ごすほど心が安定するものだと
思って私は育てています。

見学に来られない方には動画などもお送り致します。
また見学希望の方には事前連絡の上、随時賜っておりますので
ご連絡下さい。

ワクチネーション終了済み、スグにお散歩も出来ます!
JKC発行の血統書もお引渡し時にお渡しできます。
価格はペットショップよりも安いのでご連絡下されば
お伝えいたします。

連絡先

 090-7650-6228(非通知不可)

 tinytank@dream.bbexcite.jp(連絡先、氏名記入の上)

どうぞ宜しくお願いいたします!ご連絡お待ちしています!!
スポンサーサイト
ねねが帰宅し賑やかになり、ねねは前のように雪の散歩の毎日を
過ごしています。
雪の無い千葉から帰り突然の雪で躊躇するかなぁ?と思いましたが、
やはり道産子、なんなく雪の中に飛び込んで遊ぶ毎日です。
今シーズンは雪が融けてきてジャリジャリな上、ドロドロの所もあるわけで、
なるべく汚くならないような道を選んで歩く散歩です
高い雪の塀の下は硬い舗装道路なのでジャンプして降りると
腰を痛めたりするので注意をしていましたが岩ちゃんが、それをやってしまい
腰を痛めて通院中、軽い症状なのでスグに回復しましたが薬を
飲み終わるまでは散歩もさせずに家の中で安静にさせています。
初代犬の岩ちゃんも今月末でもう8歳、なので血液検査もして頂きました。
検査の結果は異常など見られない、とっても優良な血液検査の結果で
背中の骨のレントゲンもフレンチブルドッグにしたら、とても綺麗な
正常な骨格な岩ちゃんでした。
適度な運動とフードなどを気をつけて与えていた結果かな?と
ホッ腰さえ良くなれば、まだまだ健康にいられそうです。

腰は軽いうちに病院に行きスグに治療を始め、どんなに症状が軽くとも
薬を服用中だけは絶対安静にして置けば大事には至りません。
少しの変化、歩き方が変、いつもより元気がない、階段を
昇りたがらない、降りたがらない、食欲が落ちた、背中を触るとビクっと
する、など自分の子を毎日、見ていれば小さな変化にも
気付くと思います。
岩ちゃんは1週間の服薬で再診になりますが多分もう1週間服薬し
何もなければ服薬なしになり軽い運動から始めようと思っています。

今日の画像は左がラクちゃん&右は、ねねちゃん。

rakunene.jpg

昨年10月生まれのラクちゃんは今月で6ヶ月になりました。
リード歩行にも慣れて毎日お散歩に行っています。

雪を食べてるラクちゃん。つべたくて美味しいよー。
ラクはショートボディですがローチが綺麗です。
IMG_1714.jpg

raku.jpg


ラクの名前はTINY TANK MEMORIAL RAKU 
亡きパパさんが交配をしに行き初めて受胎した記念すべき子で
ラクちゃん達がお腹に宿ってると聞いた時にパパさんは
大喜びしたものです。
パパさんの思いが、たくさん詰まったパパさんの
形見のラクちゃんなんです。

IMG_1707.jpg

そして乙女ちゃんの子の名は日の丸
4ヶ月になりました。
雪解けの悪路を避けて舗装の道を歩かせて徐々にお外に
慣らしています。リードで2回目の散歩からスタスタ歩くように
なりました。
hinomaru.jpg


IMG_1727.jpg

二匹とも、我が家流に自然の中でノビノビ育てて行きたいと
思っています。

北海道も、そろそろ雪解けも進んで来て、やっと春へと
季節が移り変わろうとしています。
昨日12日はパパさんの月命日でした。

今年は昨年植えた吉野桜とパパさんが自分の好きだった梅の木を
植え、そのパパさんが植えた桜と梅の花が咲いてくれると思います。

最近は昨年の今頃は・・・と思い出してしまい
日が経つ毎に寂しい気持ちが強くなる今日この頃です。

犬達がいてくれて本当に良かったと思います。

雪が全部融けて暖かい春はまだかなぁ?と思います。
来月5月からは北海道もショーのシーズンが始まります。
興味のある方は一度見学に来てみてください!
私は今年はbaby&puppyでオナハンで楽しもうかな?とも
思っているtankでした
またまた間の開いたblogの更新になっちゃいましたtankです。
パパさんが亡くなってから、いろいろと手続きやらで
先月から用をひとつづつ終わらせています。
午前中は犬達の事をやるのが、いっぱいいっぱいで
用を済ませるのは午後からになり月曜日から金曜日までは
手続き等の用を済ませ1週間が、あっ!と言う間で
土日は何も用事がないという1週間を過ごしている最近この頃の私でした。

そんな中3月30日~4月1日まで息子の事とJAPANインターとで
本当に久々に本州へ飛んできて忙しい2泊3日の旅をしてきました。

桜を見に行く楽しみも31日は雨と風の強い日で眺める余裕もない1日で
 夜は北海道からのクラブのチームと楽しい食事会で
私もアルコールを頂いて楽しい気分と美味しい食事を堪能し、
久々に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

そして4月1日のJAPANインターではカムイがAOMを受賞し、
嬉しかったです。

IMG_1687.jpg

10月以来、会っていなかったカムイ&ねねに会えた事が
最大の嬉しいことでした。
ねねはプルプルして喜んでくれてカムイも飛付いてきて喜んでくれて
忘れられちゃったかな?と心配してたけどスゴク喜ぶ姿に
涙が出そうなくらいになってしまった。
あー頑張ってくれてるんだなって。。。
カムイは相変わらず抱っこして、ねんねと言うと
仰向けに抱かれたままで・・・
変わってないカムイを見たらジーン
早く帰っておいで~カーくん、そんな気持ちになりました。

そして私ベッタリだった、ねねちゃんは祐子さんに懐きすぎてアレ?って
感じだし(笑)大切にしてもらってるんだなって
思ったら感謝感謝でした。
ねねはインターチャンピオンを完成したので一緒に帰宅。
神山さん、祐子さん、たっくん長い間、本当にお世話になりました

DSC_0025.jpg

私の思い入れの深い乙女の初子の一人っ子で生まれた、ねねちゃん。
生まれる前に乙女のお腹に芽生えた胎胞をCTで見た時の感動、
そして興奮は今も鮮明に覚えています。
それからは無事に生まれて来てくれる事だけを待望に
生まれた時は本当に感動し嬉しさで私も会社帰りに駆けつけた
パパさんも大喜びでした。

ある時期から、この子は本州でショーへ!の夢を、
そしてハンドラーさんは長年、いつかは!と決めていた神山さんへ!
その第1号が、ねねちゃん。
たくさんの、いろんな感動と思い出を私にプレゼントしてくれました。
本当にありがとう、ねねちゃん
今までで、いろいろなジャッジの方に見て頂きましたが、
ねねとの一番嬉しかった思い出深いdog showは
憧れのDE LA PARURE犬舎の総帥のヴィクトールさんに見て頂いた時の、
dog show
10月16日3
ねねちゃん、本当に夢と感動を今まで、ありがとう。
これからは、ずーーっと一緒。
いつかは、ねねちゃんの子も見てみたい
でも今は、のんびりと過ごし、毎日たくさん遊んでもらって
過ごして行きたいと思ってます。

さて北海道は4月だと言うのに今日はモッサモサの雪やコンコン
降り出し12月くらいの景色に逆戻りになってます

春は今年は遅いなぁと感じ、どっか雪の無い所へ行きたーーーい!と
痛切に思うtankなのでございました