『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
先日、巣立った子達からのお便りとお写真が届いてます。
まずは道内に巣立ったマロちゃんからのお便り。
オーナー様のお家の環境にも慣れて来てトイレの場所も覚えたようで
ケージ内のトイレに入り排泄するマロちゃんでお外でも遊んだそうです。

マロちゃん、カメラ目線~~(笑)
マロちゃん①

赤いカラーがよくお似合いのマロちゃん、
すっかり家庭犬ですね~
マロちゃん②

雪が多いんですね~
うさぎさんみたいだねマロちゃん。
マロちゃん③

自然のたくさんある場所で四季折々の季節を感じながら
育むんですね~私も住みたいっ!
いつか行ったらマロちゃんに会いに行くからね~。
お写真ありがとうございました!
また、時間のある時に成長したマロちゃんの姿見せて下さいね!

次は愛知県に巣立った、うちから2頭目を迎えて下さった
ギャズくんの妹になった名前はMargot,マルゴちゃん。
過去にフレンチブルドッグ3頭飼いのフレンチ飼い歴10年以上の経験の
オーナー様ご夫婦です。
20141127マルゴ③

お兄ちゃんに着いて歩いてGazくんがトイレにオシッコしに行っても
着いて行きGazくんの股の下をくぐり抜けてオシッコかかっちゃった事があって
オーナーご夫婦で大笑いしたんだそうです(笑)
家族に笑いを、いっぱいにしてねMargot !
20141127マルゴ②
Gazくん優しくしてくれて、ありがとうね!
20141127マルゴ①
オーナー様、これからもMargotちゃんを、どうぞ宜しく
お願い致します!!
もちろん、Gazくんもね!
また、二匹の仲のいい様子の写真送って下さいね~!

今週は募集中の王子&エマちゃんbabyもオーナー様が決まり
ました、ありがとうございます!!

昨日は母が遊びに来て仕事休みの息子にbabyを見てもらいながら、
母の買い物を付き合いに近くのイオンタウンまで久々に行って来ました。
超超~~~久々の華やかな外界でした(笑)
店内はもうクリスマスの飾りつけで煌びやかで目がチカチカしましたね(笑)
夜まで母が家に居て夕飯も一緒にして帰り
今日は母が雪が降る前に祖父祖母の墓参りして来たいと
言うので連れて行き、その後に夫の墓参りと亡くした子達の眠るお墓参りも、
して来ました。北海道は雪が降るので降る前にお墓の冬支度を
し綺麗にしてきました。

お墓参りすると気持ち、スッキリするよね!と母と私。
雪が降ると来年の春のお彼岸くらいまでお墓参りは出来なくなりますから
多分、今年最後のお墓参りですね。

雪は降りましたが札幌市内には雪は融けてしまいました。
週末は所属のクラブの打ち上げ忘年会で久々に夜、外出します。
が私は終わったらダッシュで家に帰りますけどね

大人達もpuppy&baby'sもみんな元気元気
4歳でうちに来た、おたまちゃんも今月11歳の誕生日を迎えましたが、
まだまだ元気にしてますよ。

寒くなってきましたが体調など崩されず今年を
乗り切りましょうね~
スポンサーサイト
ご無沙汰していましたtankです。
岩ちゃんが虹の橋へ巣立ってからお花など、いろいろな方々から
ちょうだいしました、気を使わせてしまい大変申し訳なく思っております。
温かいお気持ちを本当に、ありがとうございます。
岩ちゃんはショーなどで活躍した子ではありませんが、
あたしにとっては宝物で息子みたいな子でした。
岩ちゃんに巡り会った時は人生で考えていることの多い頃で、
自棄になっていた事もあったりで岩ちゃんに出会えた事が私の心を変えてくれ
一頭の犬がこんなにも私の心を癒し変えてくれ強くなれるなんて思いも
しないくらい、それからは本当に幸せな毎日でした。
その気持ちから、うちから生まれ巣立った子達が、オーナー様へ
私が感じたように幸せな気持ちになってもらえるような子達を送り出したいと思い
巣立つ子の幸せとオーナー様が巣立つ子とたくさんの
嬉しい事、幸せを運ぶような子になって欲しいと願い
TINY TANK KENNELの今がある事を岩ちゃんを失った、これからも
岩ちゃんと私の出会いの思いを伝えられるような自分でいたいと
思っています。

そんな中、ラクちゃんbaby'sの募集中の女の子に今日、
ご見学があり素敵なご縁を繋ぐことが出来ました。来週お迎えに
なります。多分、岩ちゃんが引き合わせてくれたのかなぁ?
なんて、何でも岩ちゃんに導いてしまいます。
道内の方がオーナー様になりました、
本当にありがとうございました

そして10月4日の日に、先日チャンピオン完成していた伝説の名犬
セクシースタイルファイヤードラゴンの直子のエマちゃんが待望の
babyを出産していました。

レッドフォーン♂1、ブリンドル♂1、フォーン♀1、ブラックブリンドル♀1
の誕生でした。
パパは王子くん、

とても満足行くような子達ばかりの誕生です。

募集はブリンドル♂1頭になります。
高さのあるショートボディの男の子です。
お顔も可愛いですよ
(オーナー様決定)
201411163ブリンドル3

201411165ブリンドル

201411161ブリンドル

201411164ブリンドル

201411162ブリンドル

性格は優しい男の子で食欲旺盛、硬い体質の男の子です。

お問合せ

 090-7650-6228(非通知不可)

 tinytank@dream.bbexcite.jp(氏名、連絡先記入の上、お願い致します。

お問合せお待ちしています、宜しくお願い致します。
11月2日の日に、私がフレンチウルドッグという犬種に初めて
巡り会えた子の岩之介が満10歳半で虹の橋へ渡りました。
実は肝臓癌でした。

分離不安症の岩ちゃんを離すことはしないで最後まで通院し
自宅で最後の日まで穏やかな日を送らせていました。
亡くなる日も朝ごはんも食べて病院へも行けました。

病院の待合室で待ってる最中に急に容体が悪くなり、
朝まで持つかどうかわからないと言われ処置をして頂き、
私は家に連れて帰りました。

帰り道に岩ちゃんの大好きな兄夫婦に電話し連絡し、
二人の息子もいて最後は自宅にて兄夫婦、私、息子二人に
看取られて虹の橋へと旅立って行きましたよ。

息を引き取る時、頭をグーと上げて、みんなを見て息を引き取りました。
あの姿を私は今も忘れる事は出来ません。

息を引き取った後に名前を呼んだら息を2回グーグーと吹き返したんです。
多分、私が呼んだから帰らなきゃと戻ったんだと思いました。
そう思うと今も泣けてきます。
眠ってるみたいで触ったら、さっきまで温かかったのに、
冷たくなってて・・・現実なんだと思いました。

岩ちゃん③

岩ちゃんは亡くなった姿も可愛かったです。
火葬は岩ちゃん姫ちゃんしかいない頃に毎日のように
通った山のドッグランにある火葬場へ連れて行きました。
受付の方も社長さんも来てくれて小さい頃から知ってる岩ちゃんに
「頑張ったなぁ」「岩ちゃん今も可愛いね」と声もかけて下さりました、
お山を駆けて虹の橋へと渡って行ったと思います。

岩ちゃん④


岩ちゃんはペットショップにいた子で、私が当時、夜勤の仕事に
行く前に仕事で使う物を購入にダイソーに入り勤務前に気持ちを
癒されようと入ったダイソーの横のペットショップで店頭に居て
目と目が合い、抱っこしたら連れて帰らなきゃ!と思い飼う気もなかったから
所持金もなくて生まれて初めてカード払いで犬を買った子で、
その後、急ぎ自宅に戻り学校から帰っていた息子に「朝まで頼む!」
と玄関に置いて仕事へ行ったという初めてのエピソードは
今でも家族でよく話す事。
名前の由来はお顔が岩みたいに、その頃からゴツゴツ大きい顔面で
最初は「岩男」に決めていたけど息子が「そんな名前、友達に言えなーいぃ!」と
泣かれ「岩之介」に命名、その日から岩ちゃん、岩ピー、と呼ばれて、
私も古くからの犬知り合いには岩ちゃんママと呼ばれるように。

そこから私の心は癒されてお家にいるのが大好きになり、
岩ちゃんとのお散歩の時間が唯一の楽しみでもあり、
それまで気づかなかった道端のタンポポにも可愛いね~と
思う心や風や四季の自然を感じたり気づかされた事がたくさん。
私に大切な心を気付かせてくれた子の岩ちゃん。

ここからフレンチブルドッグと言う犬種にはまり
今のTINY TANKがある。

分離不安症、皮膚トラブル、フードでの下痢でフードジプシーにも
なったり分離不安の行動療法も自宅に先生を呼んで私と学び、
カフェレッスン、他の子との遊びなども学ばせたりで苦労も多かった分、
岩ちゃんが居ないのは信じられない今で、いつも買い物から帰る時に車を
家の前に停めて階段を上がる時から「おかあしゃん、おかあしゃんだ」と
吠えてる岩ちゃんの声が聞こえなくて・・寂しいです。

10年半の時は思えば、とても短かく旅立ってしまいました。
この犬種を大好きになる、きっかけを作ってくれた子であり、
多くの事を学ばせてくれた子で、その学ばせてくれた事が今の私に、
多く役立ってるんです。

最後はたくさんの子がいっぱいで前みたいに構ってあげられなかった。
岩ちゃんは本当は私とベッタリと居たかったろうと思うんです。
最後は病院への通院に車で私と行くのが楽しかったように思います。

闘病中も急変するまではご飯も朝まで食べてて、
本当に家の中で穏やかにストーブの前でゴロゴロしたり
ベランダから差す日差しに気持ち良さ下に浴びながらゴロゴロして
穏やかに気持ち良さげに過ごしていて、そんな姿にホッとしてました。

いろんな事があったけど、それは私の胸だけにしまっておきたいです。

今一つだけ言える事は、たった1匹の犬が人の心を大きく変えてくれる事が
あるという事。岩ちゃんに出会えなかったら私は、とても寂しい人生を
過ごしていたと思います。
岩ちゃんには本当にありがとうしか言えません。
いつか私がこの世を去った時に多分、イの一番に岩ちゃんが私を
お迎えに来てくれると思います。

岩ちゃんと遊んでくれた子、岩ちゃんがお世話になったワンコの先生、
インディアンさんの方々、岩ちゃんが生前、お世話になりました。
本当にありがとうございました。

岩之介②

岩之介

11月2日 高木 岩之介 満10歳と6か月永眠、
やすらかに。