『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
10月も中旬を過ぎ紅葉も進む、この頃です
朝夕は必ず暖房を焚く毎日になりました寒い一方の北海道です。

今日は親子チームでお散歩に
四季の変化が感じ取れる北海道、何気ない景色に心奪われてしまう
私です
綺麗な空に紅葉でした

10月17日空、紅葉

黄色く葉っぱの色に衣装替えした白樺の木々から溢れるお日様の光がキラキラキラキラ
10月17日白樺の木から

今日は親子チームを一緒に連れて行ってきました。

まずは小梅ちん
10月17日小梅

子供を産んでも不思議っ子の小梅ちん。
葉っぱをくわえた顔がお惚けで、あんまり可愛かったのでパチリ
10月17日小梅2

そして、おっとととっと乙女ちん
10月17日乙女

親子でパチリ乙女の子、ねねたんと一緒の2ショットが
撮れました
10月17日乙女&ねね親子

あたしの愛しい愛しい、ねねたん
笑顔がきゃわいい~~~~~~
10月17日ねね

10月17日ねね2

そして小梅の子の松風くん
10月17日松風

この子も親の小梅に似て不思議っ子です
10月17日松風2

今年は乙女、小梅の出産で我が家にはねね&松風を残してくれました。
この子らが次への私の思いを乗せて羽ばたいてくれるように思います。
可愛い可愛い、ねねに松風、元気に生まれてくれてスクスク育ってくれて、
あたしに会いに生まれてくれて、ありがとうって毎日毎日思います。

いろんな思いの中で浅間山火山の爆発の日に群馬に向かい交配旅行、
強い気持ちの中で一人と一匹で向かった交配。
いろんな方々の助けがあって、ねねは生まれました。
今ここで、お世話になりました皆様に感謝して止みません。

松風くんも再交配の後に、やっとの思いで出来た念願の
小梅&ゲンちゃん2世、乙女babyのねねも同じく主治医と
プロジェストロン数値により排卵適期を測定での
我が家、初の試みにより交配成功、主治医の先生方々には、
とてもお世話になりました。
これら新たな事へチャレンジしてみた年でもありました。

挫けそうになる自分、ねねや松風が生まれた時に耳の中から
聞こえた曲「you raise me up]
今も自分の応援歌にしています。
綺麗な曲いい詩で大好きです。

When I am down and oh my soul so weray
落ち込んで心底うんざりした時
When troubles come and my heart burdened be
困難に見まわれ心に重荷を抱えた時
Then I am still and wait here in the silence
私はここで ただ静かに待つの
Until you come and sit a while with me
あなたが来て そっと寄り添ってくれるまで・・・

You raise me up so I can stand mountains
あなたが励ましてくれるから 山の頂きにも立てる
You raise me up to walk on stormy seas
あなたが励ましてくれるから 荒ぶる海も渡ってゆける
I am strong when I am on your shoulders
私は強くなるのよ あなたの支えがあれば
You raise me up to more than I can be
あなたが励ましてくれるから 私以上の私になれる・・・・・

    by Celtic Woman
私の好きなアイルランドmusicで勇気と元気が出る曲です。

いい音楽をワンコ達と聴いて秋を堪能、
元気で毎日やっています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する