『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姫ちゃんbaby'sのタイガーちゃん通称、我が家ではデン子ちゃんに、
オーナー様が決まりました。

1月31日タイガーちゃん7

今まで、ずっと我が家に一匹だけ居てお母さんの姫ちゃんの愛情をたっぷり
受け他の大人達にも守られて育って来ました。
デン子ちゃんは先住犬に、お姉ちゃんの居るお家に行くそうです。
今まで我が家にいる大人達、パピコのねね&松風にも揉まれていたデン子ちゃん
だから大丈夫だと思っています。

姫ちゃんbaby'sは生まれてこの方下痢一つした事もありません。
今オーナー様の元へ巣立って行った子達もフードをたくさん食べても
下痢一つした事もない、何を食べても下痢しない食欲は行ったその日から旺盛
との言葉を頂いていました。コレ当たり前の事ですけどね

お腹の丈夫な子は大人になっても丈夫だと思います。
姫ちゃんも、この方、我が家に来た時から何を食べても下痢もした事もない子でした。
皮膚もクリームの子でも健康で色素が十分入っている姫ちゃん、
お産の後に、カロリーの高いパピー用フードを食べて少し湿疹が出るくらいで
4才になる今まで身体的トラブル知らずの母犬です。

そんな健康な姫ちゃんから生まれたbaby'sも、そんな所を遺伝しているのだと
思います。

また母乳が出にくい時期も母犬の母乳だけに拘り人口ミルクを一切使わず免疫力や
パピー時代~大人への体作りの基礎の為にも母乳だけで育てて来ています。
私の息子は母乳で育てて来た子と人口ミルクで育てて来た子では
幼少期の病気の回数は母乳の子は断然、病気知らずで育ちましたが
一人目で母乳が出ず仕方なく人口ミルクで、ほぼ育てた子では1ヶ月に1度は
病院通いをしたと言う自分の子育ての経験からも母乳に勝るものなしってくらいに
人の子同様、考えてました。

離乳も早くせずに、ゆっくりと始める方がアレルギーが出にくいとの事で
我が家は26日過ぎくらいまで離乳をしておりません。
生まれた、その子の一生の健康を考えて育てたいと思って、
どの子も我が家のみんなに愛情いっぱいに受けて育てて参りました。
1月31日タイガーちゃん4

ご飯の時には大喜びするデン子♪

フカフカの毛布や布団に大喜びするデン子♪
本当にお茶目で可愛いデン子です

デンちゃん素敵な家族に巡り会えて本当に良かったねぇ
きっとデン子はお茶目さんだから、その愛くるしい魅力で虜にしちゃうんだろうなぁ
と思います

オーナー様にお渡しする、その時まで、しっかりと育てさせてもらいます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。