『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
我が家の岩ちゃんこと岩之介が目を怪我して1ヶ月くらい前から
治療していますがナカナカ良くならずセカンドオピニオンし
紹介して頂き今、家から近くに出来た眼科専門医の
病院に通っています。
札幌市には眼科専門医は高橋動物病院、三国動物病院などが有名です。
しかし同じ市内でも高橋動物病院にしても三国さんにして
我が家からは遠く通院するのには大変、そんな時に新しく出来たばかりの、
眼科を勉強されて来た先生が家から車で15分くらいの厚別区に
開院されていらっしゃったのを紹介され今、行っていますが角膜潰瘍を
起こしてしまった岩ちゃんの目が快方へと向かっています。
ナカナカ目に詳しいドクターがいない中、厚別区に開院された動物病院です。

アニマルクリニック フロンティア

厚別区、清田区、白石区などにお住まいの方は近いと思いますので
何か目にトラブル、問題等があった時には心強いかと思います。


我が家の初代犬の岩ちゃんは分離不安症を抱えており掛かれる病院も
好きな先生が居て、いつもとは違う岩ちゃん専用のドクターへ
かかっていましたが血液から作る血清点眼薬を1時間に1回の点眼に
エリザベスカラーの毎日で夜には血清点眼の他に眼軟膏で眼を乾かさないように
していましたが予後が良くなくて角膜潰瘍を起こしてしまい
ドクターから紹介されてセカンドオピニオンし眼科専門医のドクターへ
かかる事になり今、3日に1回の通院をしています。

眼科専門医のドクターに通院してからは黒目の部分が増えて
回復の兆候を見る見る変わりましたが、まだ時間が掛かりそうです。

岩ちゃんは私が一番最初にペットショップで巡り会った
フレンチブルドッグ、分離不安も持っていて病院に行くにも大変な子です。
この子を扱えるのは私と私の兄夫婦だけなくらい私の母でもパパさんでも
ダメなほどの難しい子です。
分離不安が激しいのと皮膚トラブル、他フードも合うのはナチュラルバランスのみ
で迎えた時から問題の多かった岩之介はすでに1才前に去勢し症状も緩和しましたが
分離不安は6才になった今も、まだ治らずで私が居なくなると時には吠え続けたりと、
とても手が掛かる子です。
だけれど私さえ傍に居れば大人しく、とてもとても、いい子にしてくれてるし
エリザベスカラーもイヤがらずに私の言う事を聞いてくれて、
ずっと付けて治療に専念してくれています。

うちの問題児だけれど私にとっては可愛い岩之介、
早く良くなって又、両目で私を見て欲しいよ・・・
それが今の願いかな・・・。

悪くなってしまった岩ちゃんの左目を見る度に胸がズキンとしてしまうけど
生涯、私が守るから大丈夫。
初代犬、岩之介をペットショップから迎えて、
この子のお陰でフレンチブルドッグにハマリ勉強させてくれた子でもある。

早く良くなってもらいたい・・・
絶対治してやるからな!!岩ちゃん。

岩ちゃん
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する