『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
いつもの散歩して歩く所にも排雪が入り始めました。
春のお彼岸入りが間近な事を知らせてくれます。

3月8日7

この排雪が始まると私も祖父母や姑様のお墓参りに行かなくてはなぁ
と思い出します。

1シーズンに、どれだけ降ったのか?と言うと
溶けたりもしてるけど、このくらい~1mはあるでしょうか。
3月8日4

3日4日の大雪が最後であって欲しいと願いますが
まだまだ雪は降るのでしょうが4月に近くなるにつれ
降っても積もりはしません。
毎年の事ですが、この排雪が行われると、
あぁ春に近づいているんだなぁと思います。

昨日、桜子&サギリを夕方お迎えに行って来てチビ達が戻り
散歩も一回分また増える元の毎日になりました。
桜子&サギリは長旅の遠征にもかかわらず元気いっぱいです。
萌は遊び相手が戻り大喜びして今日は3匹で絡んで遊び狂ってた(笑)

最後の散歩の乙女と小梅ちゃん
いつものように雪の中で木の木っ端を使って持ってこい遊び♪
たくさん走り回って遊んでます。
ねね&カムイのおかあちゃんの乙女は今も筋肉隆々な子です。
3月8日6

余分な贅肉は付きません。
体質は非常に硬い子で皮のたるみのない筋肉マンの体を
しています。
3月8日5

娘のねねちゃんよりキツメの顔をしています。
2回の出産を経て益々、円熟味が増しました。
3月8日3

桜子&サギリのおかあちゃんの小梅ちゃん。

3月8日
骨量のあるガッチリしたタイプの子で家族に、とても愛情深い子です。
我が家で一番ヨーロッパタイプの良さを持つ子だと私は思っています。
歳を重ねる毎に貫禄が増して行く小梅ちゃん、我が家の吉本系第1号犬、
何か笑いをくれる雰囲気を持つ子なんです。
3月8日2

乙女や小梅が我が家に来てから、いろんな深~い思い出があります。
もう何年も一緒だと人の言ってる言葉や行動で、わかるようで喋らなくても
気持ち伝わってます。子犬も可愛いけれど大人になったらなったで
落ち着いた静かな雰囲気で傍に寄って来てくれて触っているだけで
落ち着きます。

愛知から戻り再び雪の世界の北海道ですが何故か
ホッとしました。

いつもの散歩場所は静か過ぎるほどで毎日、同じ風景ですが
犬達のはしゃぐ姿を見ながら変わりない風景を見ながら、
ゆっくり歩いてる毎日も・・・・・

終わった後は暖かいストーブの前でお尻あぶりしながら
横になると、みんなが寄って来て一緒にグーグーブーブー
群れ成して、たまぁに昼寝
こんな毎日が、やっぱ一番好きだなぁと思います。

胃が、あんまり丈夫じゃない自分を忘れて、つい食い意地に負けて
台湾ラーメンの激辛味や辛いもの食べすぎて昨日まで食べると胃痛で
ご飯に梅干と卵味噌しか受け付けませんでしたが
今日の夕飯から何とか普通に食べれるようになりました
しかしビックリ!ラーメンの南蛮が、そのまま出てきたと思う。
黄門様がヒリヒリ
おまけに、うちのパパさん心配してメールに
「大丈夫か?うん○、むぐさないように」だと・・・
むぐさないって何語?むぐす=漏らす??伊達弁??
むぐしません(爆)あんたねーって、あたし読んでて久々、体震えて笑った(爆爆)
って汚い話、申し訳ございません。

帰ってきてから祝福のお電話やメールも頂きまして
本当に有難く思っています
これからも頑張りたいと思いますので、どうぞ応援宜しく
お願いいたします。
本当にありがとうございました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する