『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
我が家に迎えた♂です。
お話を頂き血統が我が家の女の子達に合うラインの子
なので迎える事に致しました♂です。

名前はZY BLOOD JP MIX BEAR
コールネームをミックと言います。
JKCチャンピオンです。
gal-mix2.jpg

2006.10.8.単犬種本部展にてブリーダーさん自らハンドリングし
当時9ヶ月でオーバースペシャルBOSを受賞した♂です。
dog-show3.jpg
単犬種展でプロハンの中でブリーダーハンドラーで
9ヶ月でオーバースペシャルBOSを受賞したフレンチブルと言う事や
血統などからもミックの事は以前から気になっていました。
昨年ミロードくんの交配に行った時に実際に見て高さもありショートボディ、
ローチの綺麗さなど構成の良さに今でもショーに通用するくらいの子だと思うと共に
私のタイプでした。
次はミックを交配に!と思ってた所にK様から、お話を頂いて
喜んで我が家へ迎えることに致しました。

血統は(画像をクリックすると拡大)
mix_pedi.jpg

今後の我が家の2世の子達のデラパルの濃い血とミックのような我が家の子達の
ラインに合うデラパルの血も持ちながら、その血を違う血統に逃がしている血液を
持つ子がTINYTANKっ子達の良さを残しつつも健全にブリーディングして行く為には
必要だと思い、そういう子を探していました。
ミックの祖父INT.CH. ALEXANDROS DE LA PARUREは我が家の、
ねねの父CH. ALAYSIUS DE LA RARUREやシンシアの
祖父INT.CH ANATOLE DE LA PARUREの兄弟犬でもあります。
またミックの祖母はアジアインター覇者のマークハント同胎の♀。
JOOP DE LA PARUREの血液は欲しかった血液でもあり
4世代前にはエゴイストもいる血統です。
昨年ミックの子も見ましたが全員デラパル系の顔をし
高さのある子達ばかりを見たのが決定的にミックを我が家に迎えようと
決めた理由でした。
父にオランダはV.D MESTREECHTENRKES犬舎のINT.CH DIESELを持ちます。
健全性を高めるためにもカムイのGLENLEEの血と共に新たなる
血液の導入でもあります。

我が家は最初に迎えた子達、基礎犬や2世の子にエゴイストの血に拘り
乙女はエゴイストの孫でエゴイストの血の入った乙女とalaysiusくんとの交配で、
ねねが生まれ、桜子、サギリの母の小梅の4世代前はエゴイスト、その血を蘇らせよう
濃くしようと先を見つつ両親にエゴイストの血の濃いサスケくんに、
ひたすら拘り交配しエゴの血を固める目的で次世代に繋ぐ為に計画的に
作った子達。桜子やサギリからの2世代が今後楽しみでもあります。
 
エゴイストに拘り古いと言われても、その血を繋ぎ
新たなヨーロッパの良血の血液も入れつつ私の好きな
エゴイストの血を入れた子達を台に今後に繋いで
行けたらいいと思っています。 

これからミックと我が家の子達とのブリーディングが楽しみでもあり、
またグレンリーの血とデラパルはエゴイストの血液を持つ新たなる血液を持つ
自家繁カムイで再び次世代でエゴの血に戻す試みもチャレンジしてみたいと
思うところです。

これからも頑張って自分の思う理想を追い血を分けて頂いた方々皆様へ
感謝し、その血を大切にし次に繋がるよう頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する