『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
昨日は私の母の喜寿のお祝いで1泊の温泉ホテルに行って来ました
私がお昼からしか出られない為に近場の市内は南区にある札幌市の
温泉場、定山渓のホテルミリオーネまで行って来ました。

犬達の事、すべて、やって行き15時に出発、夜は息子に任せて
兄夫婦と母のお祝いに行って来ましたよ。
お部屋は13階建ての12階で見晴らしがいいお部屋でした。

2013530.jpg

温泉に、ゆっくり入った後に食事、食事のあとはホテルから用意された
シャンパンとホールケーキで乾杯。
喜寿の記念品の似顔絵を送り母は「ありがとう、ありがとう」と
喜んでくれて親孝行出来て良かった~~。
夜は兄夫婦とお腹を抱えるほど大笑いして兄妹で、
いっぱい話をしたりで親子兄弟で水入らずの1日を過ごして
朝も温泉に入って、食事をしたら即、私はワンコのお世話に帰りました。
家から40分の所にある札幌の有名温泉場です。
20135302.jpg

妊娠犬の乙女を抱えているので、不安で遠出も出来ずで
自宅に戻りホッ安定期とは言え、妊娠犬を抱えていると
遠出もナカナカ出来ません。

帰宅し今日は暑くて26度くらいあり昨晩はナカナカ寝付けなく
朝は5時半起床であたふたと家に帰り犬のお世話を終わってから用事を済ませ、
急に眠気に襲われ寝てしまい夕方から庭でアイスコーヒーを庭のベンチで飲みながら
ボール遊びなどして、こんな日もあっていーよねーと。
長年、犬と一緒に寝ているせいか?泊りの旅に出ると何処へ行っても寝つきが
悪く家に帰ると寝れるという事に気付きました。
帰るとお迎えてくれた、ねねが激しく喜ぶ姿に、やっぱ家が一番!

本日、私のお庭でのお茶の相手、初代犬の岩ちゃん、今年4月で9歳になりました。
もう、あれから9年になるんだね~。
私をフレンチブルドッグを大好きにさせた子。
分離不安症で今も大変な所もあるけれど、どんな子とでも
遊べる喧嘩もしない子です。この子は私さえいればいい依存症、
私がいなくなるとパニックになりますが私さえいれば本当に温厚な子。
私の言う事だけは、どんな事でも完璧に聞いてくれるんです。
もう、この歳になると人の言ってる事も全て、わかってますね。
20135304.jpg

もう一匹の、うちの長老犬のおたまちゃん。
昨年11月で10歳になり今年11月で11歳を迎えます。
うちに来たのが4歳の時、我が家の子になって6年になります。
こう見えてもエゴイストデラパルーラ直子のジャックロドリゲス直子。
うちに来た時からヒートの状態が悪く脱膣が激しくて、
子どもは1回も産ませず避妊をしました。
長い散歩よりもお庭で、ゆっくり過ごしたりする事の方が
好きな、おたま、白髪も多くなりましたね。
子犬が大好きで今はエマを相手に遊ぶ毎日、筋肉は衰えてません。

20135303.jpg

若者のカムイ♪♪
20135305.jpg

カムイのお母さんの乙女、昨日で40日目。
今から、もう、こんなに大きなお腹で、いったい何頭入ってるの?
て感じです。
食欲もとても旺盛、順調に過ごしています。
出産予定日はなんと乙女と同じ誕生日!
無事に無事に・・・今はそれだけが望みです。
20135306.jpg

悲しい事がひとつ。
パパさんとの思い出が深く詰まった八重桜の花が今年開花せず、
樹木医の先生に来てもらい診て頂きました。
犬達が木の皮を齧り栄養が届かなくなってしまったらしく
開花しないんだそう・・
もしかしたら死んでしまうかもしれないと
この八重の木は思い出がたくさん、あり過ぎて泣きそうです。
それでも樹木医の先生に、この木には主人との思い出がたくさん
詰まった木なので、何とか、この子を助けて下さいと頼んで、
今、何とかいい方法がないか?と情報を収集してくれてる最中です。
ねずみに齧られて死ぬかと思った桜が今年開花した子もいるとの
話で木の生命力にかけましょう!との事です。
木にもお医者さんがいて、藁をもすがる思いで来てもらいました。
今年1番のショックな出来事で・・あんなに綺麗に毎年咲いてくれてた
八重ちゃん・・・後悔しきり・・・。
今年も元気に見事に花を咲かせてくれると思って楽しみにしてたのに・・。
何とか生きて!と願うtankです。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大好きな主が旅立つと庭の木の中には寂しくなって共に旅立とうとする子が必ずいるそうです。そういう子達を沢山見聞きしてきました。もし頑張っても枯れてしまう形をとってしまっても悲しまないで下さいませ。きっとその木の精はご主人と共にいますから♪
人も自然も生きるがままに・・・あるがままに・・・大丈夫です♪
2013/06/01(土) 21:04 | URL | モモママ #-[ 編集]
モモママさんコメントありがとうございます。読んでて胸がジーンとなりました。
パパさんが亡くなる年の春に植えた梅の木も今年、ダメになっておりました。。梅はパパさんが大好きな花で庭に植えたいと私の好きな吉野桜と対で買い植えたのですが、植えた年と昨年しか咲きませんでダメになりました。きっとモモママさんの言う寂しさから旅立ってしまったんだなぁと思うと同時にパパさんが今頃、大好きな自分の梅の花を見ているんだろうと思ったら泣けてきました。
今は八重桜の八重が何とか生きて欲しいと願うばかりで心につかえてるような毎日を送っておりますが、もしモモママさんのお話のようだと思えばパパさんの元で咲いてくれているのだとしたら、それを受け入れられそうな気持ちになりました。
本当に素晴らしい言葉をありがとうございます。植えてからの一年一年をずっとずっと毎日毎日思い出しては泣けてきそうになります。この子の成長を毎年、一年中楽しみにしてきた子で思い入れは相当でしたから今とても寂しいです。
2013/06/01(土) 23:40 | URL | tank #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する