『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
育児の真っただ中のtankでした。

baby'sは生まれた日を1日目として今日で生後6日目、
今のところ順調に成長中。
設置した酸素室の出番もない日が続いていて1日1日、今日も無事に生きてくれてると
安堵感の朝を迎えています。

かかりつけの病院はかかってる患犬なら21時半まで受け付けてくれるので、
babyや母犬に産後に何かあった時は本当に心強いです。

何事もなく成長してくれるのが1番です。
フレンチブルドッグのbabyは帝王切開での出産で、
まずは手術後の母犬は術後の痛みで産後の哺乳もすぐにできない場合が
あったり、母犬の重みで圧迫死をさせたりの危険、
麻酔をされて覚醒してから初めて見るbabyをビックリして怖がる子もいたり、で、
まずは子犬を自分の子として認識させるために気を付けて対面させます。
うちでは今までないですが昔、聞いた話ですが帝王切開後に、
いきなりbabyを見せらた母犬がビックリして食い殺した子もいると
聞いたことがありますので私は母子の術後の対面は慎重に行い、
自分の子だと認識させています。
出産経験のある子は普通、大体、すぐに認識してすぐに母性が目覚めます。

うちでは術後の痛みが緩和する時まで母乳の哺乳もしますが
私がミルクで哺乳し母犬をなるべく同じ部屋ですが別に休ませておきます。
最初の黄色い免疫入りの初乳を飲ませたいのでモチロン母乳も
与えています。

育児中の生後約2週間は何があるか?わからないので育児部屋から
離れている時は監視カメラを見ながら他の子達のお世話になります。
今は食事中も監視カメラを見ながらの食事の毎日です。
うちでは私が傍にいないときは母子は別々にしています。
万が一のbabyの圧迫死を防ぐためです。

母乳にしてもミルクにしても成長と共に吸引力が付いて来るとフレンチブルドッグの
赤ちゃんは吸引力が強く、鼻から牛乳状態になるまで吸うので、
誤嚥性肺炎になることもあり、命を落とす危険もあります。
うちは最初は哺乳瓶では哺乳はしていません。
生まれたての子には1mlのシリンジ、量を飲めるようになったら2.5mlのシリンジで、
誤嚥させないように、時間をかけて、ゆっくりゆっくり哺乳をしています。
生後20日くらいからは母乳が足りない場合は哺乳瓶での哺乳も
場合によってはします。
誤嚥性肺炎になりやすいのが人工ミルク、
母乳でも絶対ならないわけじゃなく、なりにくいと思います。
なるべく生まれたてのbabyには人工ミルクは溶ける粒子の細かい
ヤギミルクをうちでは使用しています。
ヤギミルクは少々高めですが命には代えられません。
このヤギミルクを使ってます 

milk.jpg

体が成長し大きくなり鼻からフンとミルクを吐き出せるようになったら
森乳のミルクを使っています。

3時間おきの哺乳をしながら術後の母犬に回復の為に
栄養満点の食事を食べれるだけ豊富に与え、母乳の出が良くなるように
したりと産後は乳母は眠る暇もなく母犬のサポートをします。
今日は甘々育ちで偏食気味の母犬のエマちゃんの為に
本マグロのアラを圧力鍋で煮込んでフードにトッピングして食べてもらっています。
エマちゃん、小さい時から偏食気味で今回の妊娠中は、
良く食べてくれてて、いい感じだったけど、ここに来て、
赤ちゃんが気になりすぎて、また偏食傾向が出てきて、
毎日、食べるものにも工夫の毎日。
昨日は近所のコストコさんで大量の赤みの牛肉をエマの為に購入、
ペロリ食べてました。

夜間は母犬が安心できるよう一緒に育児部屋で寝て仮眠を取りながら
目覚まし時計を置いて3時間おきに哺乳をします。

北海道はまだ寒さが厳しい季節なので部屋はずっと暖房を
付けっぱなしで更にbabyの入る箱の中には毛布の下に
電気マットを敷いて暖かい部屋で育てています。
育児部屋はまるで南国のように半袖でもいいくらいの暖かさの中に
baby達を育てています。
ぬくぬくしてへそ天で寝ている姿はホッとしますよ。
うちは離乳食が始まるくらいまでは母子だけで過ごせるよう、
2階の育児部屋で母子だけで過ごさせています。
お母さん犬が他の子達に気を使わせないように母子だけで、ゆったりと
安心して過ごさせています。

そんなbaby's

産後2日目からエマちゃんの母乳が出始め3日目くらいから、足りすぎるくらい
出るようになり今は母乳のみで成長中!
母犬には食事の合間にミルクを飲ませて水分補給を
させてます。私も出産経験があるからわかるけど、
母乳は食べ物もあるけど、水分摂ると出が更に良くなりますね。
授乳中はお乳を出す分、喉も渇きますからね。
201603097.jpg

お蔭でbaby達は、プクプク太って真ん丸に育ってくれて、
飲んではオシッコ、ウンチをプリっとしてお眠りなさる毎日。
201603096.jpg

こんな姿でも寝れちゃったり
201603091.jpg

201603092red.jpg

この子は黒一点の男の子
201603093.jpg

誰かに、ふっついて眠ると安心なのよ、って一直線に、
くっついて眠る子達
201603094.jpg

緊張感の毎日だけど、こんな姿や顔を見ると、
疲れも、ぶっ飛びます。可愛いなぁ
何回見てもbabyは可愛いっ、可愛すぎるっ
どんどん、自分が産んだ気持ちになってきて
頭をペロペロ母犬みたいに子犬を舐めってしまいたくなる。

フレブルを飼ってる飼い主様、今ある子達はお母さん犬が帝王切開で
命がけで産んでくれて誤嚥性肺炎などの危機から乗り越えて、
あなたの元へとやってきて今がありますよ。
命って奇跡なんだなと育児をしてて思うこと度々。

私も自分がこうしてフレンチブルドッグの出産育児をするまでは
わからなかった。
初代犬の岩ちゃんも姫ちゃんも、こうして生まれて、
いろんな危機を乗り越えて私の元へとやってきたんだなぁと思った事が
あり、更に、より一層、愛おしく思えるようになったのが
ブリーダーをしてから。

で、話はコロコロ変わり最近はまたフレンチブルドッグが人気らしく
北海道札幌の某ペットショップでも65万円とエライ、バカ高くなってて
生体価格が高騰気味で驚きです。
流行でフレンチを繁殖する人が増えて乱繁殖により可愛そうなフレンチブルドッグが、
どうぞ増えませんようにと願います。

と、そろそろ、また授乳の時間になりました。
今回の子達はみんな予約のオーナー様に予約済みです。
待ってくれてるオーナー様、無事にお迎えしてもらえるよう、
頑張りますね!

読んで下さり、ありがとうございます!
ランキングに参加しています!
1日1回下のバナーにポチッと1クリック
宜しくお願いします!!



にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます。
出産育児の様子を細かく載せていただいていてとても勉強になります。 しばらく寝不足が続きますが
風邪をひかれませんように頑張ってください。
2016/03/10(木) 23:09 | URL | しらすな #ndxNeI5U[ 編集]
しらすなさん、コメントありがとうございます。
頑張りますv-91
2016/03/11(金) 09:43 | URL | tank #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する