『tiny tank』とは『小さな戦車』と言う意味で私が理想と思うフレンチブルドックへの思いから付けた我が犬舎号、DOG showにも参加したりと我が家の犬達の不定期更新、徒然日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長ーい間、ブログを放置してました、どうもtankです。
facebookには、たまぁに投稿してました。
今年に入り、いろいろなことがあり、ブログを書く暇がありませんでした。

心臓の悪性血管腫闘病中の乙女が今年に入り発作を起こすようになり、
3月に入ってからは日に3回もの発作を繰り返し闘病中はずっと腹水を抜きに
病院へ走っていましたが今年に入り腹水がたまるのが早く利尿剤も効かない
状態でした。3月に入ってからは胸水もたまるようになっていました。
何とか春の桜の開花の日を土の上で一緒に過ごしたいと思う願いは叶わず、
あと、もう少しで春を直前の3月23日の日に青い空の上へ昇天して行きました。

otome6sai.jpg


昨年7月に心臓の悪性腫瘍が見つかり、そこから8か月間の乙女との
闘病生活は私にとっては幸せな日々だったと思えます。
車での通院、どんなに具合が悪かろうと車に乗れば、おやつをバクバク
食べてくれて、お出かけするのが乙女は好きでしたから、いつも、
おやつをコンビニで買い、それを待ってる乙女は本当に可愛くも愛おしく、
今年に入ってからは1日1日が本当に本当に貴重な毎日でもありました。
発作を頻回に起こすようになってからは長時間の留守もできず食事の買い物ですら
30分で戻るような状態で犬たちの散歩もままならない毎日で、
本当に毎日付きっ切りでベッタリの毎日で幸せな日々でした。

最後の日は私の腕に抱かれて、わかるか?わからないか?は
わからないけれど乙女が香川から来た日のことや今までのことを話をして、
お父さんが乙女を迎えに来るから迷子にならないから心配ないよ、って
話した後に本当に穏やかに息を引き取りました。
本当にお父さんが乙女を迎えに来てくれたんだなと思い
あの日のことは忘れられません。
8か月間の毎日に悔いはなく、乙女は最後まで強く生き抜き
亡くなる前日までご飯を完食してましたからね。

乙女は私にとって今まで共に歩んできた同志でもあり、
支えでもありました。
後悔や悔いはないけれど今もこうして書いていると涙がこみ上げてきます。

乙女は10年前、我が家に香川から飛行機に乗りやってきました。
来る日はドキドキし飛行場で待つ間も胸がどきどきわくわく、
受け取った時は手が震えたくらいの感動の嬉しさでしたよ。

エゴイストデラパルーラ直子のアヌエバの子が欲しいと何年も待ち、
香川にも見学に行き母のアヌエバを見て、やっとの思いで
私のもとへ来てくれた子、美しい顔を持つ子でした。
乙女はインターチャンピオンねねと
2012年ペディグリーアワードNO1受賞、シュープリームドッグ、
そしてインターチャンピオンのカムイ、
乙女最後の子のインターチャンピオン、アヴィの母親でもあり
素晴らしい子を産んでくれ今も、その血は繋がっています。

群馬へアレイシャスデラパルーラとの交配をしに
浅間山が爆発した日に火山灰が降る中、一人と一匹の交配の旅や、
栃木県への交配の旅、三重へも一緒に行きました。
乙女が横にいてくれるだけで心強くもなれ毎回、交配の旅は
楽しく思い出深く今も忘れることはできません。
乙女と過ごしてきた10年間は物凄く濃く一生忘れることのできない子です。

私は乙女が亡くなる二日前にジャパンインターへ行くことをやめることにし
ホテル、フライトチケットも全てキャンセルしていました。
今年、私はブリーディングアワード受賞をし表彰式がありましたが出席には
してましたがギリギリまで乙女の状態を見ていて
置いては行かれないとキャンセルしたのですが二日後亡くなった後に
息子たちに、乙女が行ってこいと言ってるんだから行って来いよ!と
後押しされ急遽、またギリギリに行くことを決めて行ってきました。

ジャパンインターも見てくることもでき、修行していた愛ちゃんも
連れて帰ることもできました。

オーナー様たちとも会え前日は友達とも久々にゆっくりと話をしながら
お友達のお家でごちそうになったりと乙女がくれた時間だと思いました。
そして留守中にお世話をしてくれた息子たちに感謝です。

ジャパンインターですが、トータル97頭の単独システム、
デラパルーラのデミトリーさんがジャッジと言うことで近年にない
頭数でしたね。
世界のデラパルーラ犬舎の方がジャッジと言うことでジャッジングは
皆さん注目もされていたのだろうと思いますし私も、いろいろな面で注目し
拝見させていただきました。

結果は♂でねねの、息子のじゅまらくんがAOM,グレタの息子のゼロがリザーブAOM
でした。
琥珀君、NOKKOちゃん、COCOちゃん、うちの愛ちゃんも頑張りましたよ

じゅまらくんはこの日でインターチャンピオン完成、
オーナーさんの、これまでの日々の努力が実りました。
おめでとうございます!!

ジャパンじゅまくん

じゅまくんのママのねね↓
中国インターねね


母の、ねねはデラパルーラ総帥のヴィクトールさんから6年前の中国インターにてAOM,
息子のじゅまらくんはジャパンインターにてヴィクトールさんの息子の
デミトリーさんからAOM,親子2代での受賞でした。
ねねは乙女の最初の娘でもあり、今もこうして乙女の血は生きて
いることや表彰式で受賞したよと亡き乙女に帰宅してから報告することができました。

ショーではどんなことがあっても何が何でも1番にならないとイヤだと思う人も
いたり様々ですが私の中では、どの子も頑張ってる姿に1番でした。
ショーは勝ち負けだけではなく見ている方たちに自分の繁殖した子たちを見て
良い子ですねと言ってもらえたりすることもブリーダーとしての励みにもなります。

で、もう、次はないと思う表彰状(笑)
表彰状

余談ですけど、表彰式の時はカチコチに緊張して名前呼ばれて1歩前に
出るとき右手と右足一緒に出て自分でアレ?て
人前に出て表彰なんて長年ないことですからね~~
緊張しまくりでした。
有名ブリーダーさんがいっぱい!
うわ~~~!て感じで、あたしは場違いな感じに思えたけど
同じ北海道のドーベルマンのブリーダーのEちゃんが隣にいてホッ
オーナーのAさんHさんも見に来てくれました、
ありがとう!!!
行って本当に良かった!です。

どんなことがあっても犬たちをおろそかにしないこと、
満足にできてはいませんが私なりに愛することを1番に思うと
必ず犬達は感動やいろいろな思いを返してくれたり、
何かを伝えてくれると、いつもいつも思います。

これからも犬たちと楽しく大好きなフレンチブルドッグを愛し
私なりに清く正しく前に向かい頑張って行きたいと思います。

来月はもしかしたら?何頭か出産の報告ができるかもしれません。
お待ちいただいています未来のtankっ子オーナー様、
もう少々お待ちください!

本日は長くなってしまいました。
読んでくれて、ありがとうございます!!

ランキングに参加しています!
下のバナーに1日1回クリックお願いしまーーーす
          



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。